顎関節症(TMD)の症状   TMD (Tempromandibular Disorders)
主症状
1)顎関節部及びその周囲の自発痛、運動痛
2)開閉口運動異常(制限、偏位、蛇行)
3)関節雑音 クリッチング   カキッ コキッという音
クレピタス   ミシミシ、ジャリジャリという音
4)顎関節部違和感
副症状
頭痛、肩こり、腰痛、耳痛、めまい、耳鳴り、耳閉感、眼痛、自立神経失調症の諸症状、顎位の不安定感など

顎関節症とは以上のような主に自覚的症状を示し、さまざまな病気を含む複合疾患であると考えられます。

肩こりとかみ合わせについて

肩こりと歯科領域とは、多分皆様がお考えになっているよりもはるかに密接につながりを持っています。その中でも不正な噛み合わせは、歯科領域における肩こりの原因の最たるものでしょう・・・と言うより、ほとんどがこれだったといっても過言ではないと思います。
 そういえば、「肩がこると、歯が浮いたようになる。」とおっしゃる患者さんが時々いらっしゃいます。症状としては確かにそうなのでしょうが、これは肩こりが原因で口の中にトラブルが起きているのではありません。元々口の中にある病気が、肩がこるというような症状として現れる自分自身の抵抗力の低下により、二次的に鎌首を持ち上げたに過ぎないのです。言いかえれば、「口の中にそのような病気があるから、肩がこっている」可能性が大だということです。
では今、唾を飲み込んでみて下さい。呑み込む時、上下の歯を噛み合わせたでしょ!その位置が中心咬合位といって、とても大切なあなたの上下の歯が最大面積で接触し、食いしばることのできる位置なのです。今度は、その位置から左右に歯軋りが出来ますね。それが下顎の側方運動で、前に動かせば前方運動です。前方と左右へ顎を動かした時の往路と復路は、基本的にスムーズに行われ、且つ一致していなければなりません。  このような顎の運動と歯の関係をここでは噛み合わせといい、その噛み合わせと顎の運動に狂いがあるとしたら・・・噛んだ時の顎の筋肉や関節の状態は歯の噛み合わせによって決められているわけですから、それは、まるで右足に下駄を履いて左足に靴をはいているようなことに、あるいは偏磨耗した靴を履いているようなことになるのです。このことは左右一対で常に連動して動く顎の関節に多大な影響を与え、筋肉の運動をも妨げます。その筋肉はもちろん頭蓋骨に、そして首にもつながっているものですから、当然、首や肩がこるという症状が出ても不思議ではありませんね。それでは、その不正な噛み合わせの原因となっているもの別に、書き出してみることに致します。

親知らず
親知らずは、一本も持っていらっしゃらない方から、上下左右に4本持っていらっしゃ方まであり、その状態も人によってさまざまです。顎は単に蝶番運動(ちょうつがいのような単純な開閉運動)だけをしているのではなく、前述の通り水平的な運動も含め、三次元的に動きますので、その運動路を阻害していることの最も多いのが、親知らずなのです。
上下の歯の噛み合わせた時、互いの咬頭が相手の窩の部分に位置しているというのが通常です。ところが、スムーズにその位置に行くことが出来ず、ある一箇所、あるいは複数箇所の咬頭どうしが他の歯よりも先に当たっている(咬頭干渉・早期接触)ことがあります。
また中心咬合位では安定しても、側方運動に不正な当たりのあることもあります。これらも、前述の通り左右同じ高さの靴でなければいけないのに、片一方は早く接地してしまう下駄を履かされていることに慣れているようなもので、非常に不自然な動きをしなければいけなくなっているのです。
この習慣性の不自然な動きが顎の関節や筋肉に負担をかけ、障害を生みます。それが、顎関節症と呼ばれるものであったり、肩こりや頭痛であったり、ひどい時にはめまいや耳鳴りの原因なったりするわけです。
低位咬合
読んで字の如く、噛み合わせの位置が低いという意味です。噛み合わせが低くなると、やはり顎の筋肉にトラブルを生みます。要はその方にとっての正しい噛み合わせの高さを保っていただくことが大切なのです。
予防方法
次のようなことを心がけて噛み合わせが悪くなるのを予防し、腰痛や肩こりを改善しましょう。
1、
片方ばかりでモノを食べずに左右交互によく噛むようにしましょう。
、 野菜や硬いものをよく噛んで食べましょう。
3、 背筋を伸ばして姿勢を正しましょう。
4、 うつ伏せやほおずえはやめましょう。
5、 虫歯は放っておかずに治療しましょう。
6、 鼻での腹式呼吸を心がけましょう。


顎関節症とは?  ||  顎関節症の原因   ||  顎関節症の治療