歯が抜けた場合の治療法に違いについて
日本人の平均寿命は約80歳になろうとしていますが、残念ながら歯の平均寿命は約50年です。口は消化器官のスタートとして重要であり、多数の歯が欠損すると「かむ」「のみこむ」事が円滑に行われなくなることのみならず、胃腸障害が起こるなど少なからず全身の健康にも悪影響を及ぼすことになります。
歯の抜けた部分をどのように補っていますか?抜けた部分が広くなるにつれ選択肢は狭くなるにしろ、方法としては主に次の3通りから選ぶことができます。

通常、歯は顎骨に埋まり、物を噛む事やくいしばる事により顎骨中に圧が加わっていますが、歯を抜いてしまうと顎骨中に圧が伝わらず、そのまま抜けた状態で長期間おいていると顎の骨はどんどん萎縮していき骨の高さや幅がなくなる原因になります。義歯が数年するとゆるくなり合わなくなるのは、義歯の維持が歯肉にあり顎骨に圧が伝わらず萎縮しているからです。また、抜けた部分を補う為、両隣の歯で維持する固定式ブリッジの支台となる歯や、可撤式義歯をかける歯などは歯を削ったり、支える圧力が大きくなるため負担が増え、将来的にそれらの歯を失う可能性が高くなります。

(長所)
自分の歯に近い感覚で物が噛めます。
取りはずし式の入れ歯のような歯にひっかける金具や床がなく違和感が少ないです。
失った歯の数が多い場合でも咀嚼能力を回復できます。
十分なセルフケアを行えば長期間機能を維持することができます。
健康な歯を削ったり、支台にて負担をかけ犠牲にする必要がありません。
歯を失った部分の骨が萎縮しません(インプラントを介して骨の内部に噛む圧が伝わり、骨細胞が活性化するため)
(短所)
治療に期間を要します。
手術を必要とするため適応とならない場合があります。
自然な外観を回復するには高度な技術を要します。
保険の適用を受けることができないので比較的治療費がかかります。
(長所)
固定式のため、自然な外観と機能を回復することができます。
自分の歯と同じように咀嚼することができます。
歯列の安定したつながりを回復することができます。
(短所)
支台にするために抜けた歯の両隣の歯を削り、冠を作る必要があります
支台となるためのしっかりとした強固な歯が抜けた歯の両側にないと作製できません。
失った歯の数が多いと支台になる歯で支えられないため処置できない場合があります。。
長期間経過すると、歯を失った部分の骨や歯ぐきがやせてしまうので不自然な外観になる場合があります。
支台にした歯に負担がかかるため、その歯の周囲の骨吸収をきたし、歯を喪失する可能性が出てきます。
セラミックを使った白い歯の色の冠は保険の適用を受けることができません。
(長所)
健康な歯を大量に削る必要がありません。(金具をひっかける為少々歯を削る必要はあります。
咀嚼機能をある程度回復できます。
比較的治療期間が短期で終わります
健康保険の適応となり比較的安価で治療が可能です。
(短所)
装着による違和感を生じやすく入れ歯の金具でひっかけられた歯の負担が大きくなり、その歯を将来、抜歯するリスクが生じてきます。
入れ歯を支える骨の萎縮をきたし、歯ぐきの土手が年々やせていきます。そのため適切な噛み合わせを長期間維持する必要上、数年ごとに作り変えたり、または調整を必要とします。