ファイバーコアについて
2006. 5.31
ファイバーコアについて

・コアについて
神経を抜いた歯は、歯自体が死んでしまいますので、神経のある歯よりも、もろくなります。一般的には、金属などの心棒を、神経を抜いた後の根管に立て、その上から被せ物をします。ファイバーコアは、金属の変わりにファイバー樹脂で作られた心棒で、金属の心棒に比べて、いろいろな利点があります。

・ファイバーコアは光を透過する
天然の歯は光を透過しますが、いままでの金属製のコアはまったく光を透過しません。ファイバーコアは、光の透過性が天然の歯に近く、見た目がとても自然で美しくなります。

・ファイバーコアは歯質と化学的に接着する
金属の心棒も接着剤で歯と接着しますが、金属の心棒、接着剤、歯の3者は実は完全には一体にはならず、お互いに細かい溝などに接着剤が入り込み、抑えている状態です。(機械的接着)
この状態だと、接着剤が何らかの原因で流れてしまうと、金属の心棒と歯の間に隙間が生じ、そこから虫歯になったり、歯の根が割れる原因になります。
ファイバーコアは、歯質とより近い性質の心棒なので、ファイバー樹脂の心棒、接着剤、歯の3者が金属の心棒を使用したときと比較して一体化しやすいのが特徴です。(化学的接着)

・ファイバーコアは歯根破折の原因になりにくいか
歯の根が割れる原因は、金属の心棒が接着剤と離れて、クサビの役割をしてしまい、歯の根に負担をかけることで根が割れることが多いのですが、ファイバー樹脂の心棒は歯の根と一体化しやすいので、歯根破折の原因になりにくいのです。

・ファイバーコアは腐食しない
金属の心棒は、合金中に銀が含まれていますので、唾液により腐食することがあります。ファイバー樹脂の心棒はファイバー樹脂だけで出来ているので、腐食しません。

・ファイバーコアは銀イオンが出ない
金属の心棒は、合金中の銀が、長い間に銀イオンとして、歯質に出てきますので、歯の根の色が変わることがあります。ファイバー樹脂の心棒は銀イオンは出ませんので、歯の根の色が変わりにくくなります。


・ファイバーコアは歯と同程度の弾性がある
金属の心棒は、ほとんど弾性がなく、これも歯の根が割れる原因になっていますがファイバー樹脂の心棒は歯と同程度の弾性があるため、歯根破折の原因になりにくいのです。