安心・安全にインプラント手術を行うために
2012. 1.28
安心・安全にインプラント手術を行うために

インプラントに適した症状か、またどのように治療を進めていき、かつ安心して治療を行うために術前診査は大切なことです。

当医院では、
  初診時X線撮影
  口腔内模型(スタディーモデル)の作製
  X線 CT診断用テンプレートの作製
  口腔内所見(写真撮影)
  術前診査表の作成
などの術前の診査を行っています。
(詳しくは、インプラント豆知識のインプラント術前診査をご覧ください)

このほか、血液検査を受けた結果を持参していただいています。
インプラントは、顎の骨に埋め込む外科手術になります。
血が止まりにくいことはないか、糖尿病などで傷が治りにくいことはないか、インプラント手術を行える体調であるかなど、問題点は無いかや治療方法を検討する判断材料になります。
すでに身体の治療をされている方には、お薬手帳などで服用中のお薬の確認や 主治医に身体の状態を確認してもらうこともあります。

また術後の感染やインプラント周囲炎を防ぐため口腔内環境を整えておく必要があります。
歯周病などの歯科疾患の対策の基本である口腔内のプラークが増えすぎないようコントロール(プラークコントロール)してもらいます。
清掃状態の改善を行い プラークスコア(歯の汚れ度)が、20%以下になってからインプラントの手術を行います。