口臭についてU
2012. 9.30
口臭についてU
口臭症は口臭の有無により「真性口臭症」「仮性口臭症」「口臭恐怖症」に分類されます。「真性口臭症」には生理的口臭と病的口臭があります。生理的口臭は誰にでも認められるもので、舌背後方部の舌苔付着が主な原因で発生します。プラークそのものは、大量の付着がない限り口臭の原因とはなりません。プラークは口臭の直接原因でなく、間接原因だと考えられています。病的口臭の90%以上は歯周病、多量の舌苔付着、唾液分泌減少(口腔乾燥症)、う蝕、口腔癌など口腔内に原因が認められます。また、口腔領域以外の耳鼻咽喉系、呼吸器系、消化器系疾患その他全身疾患などによる口臭が、全身由来の病的口臭になります。実際に社会的容認限度を超える口臭は認められないのに、執拗に口臭を訴える場合は口臭検査の結果説明(カウンセリング)により。訴えが改善していく症例が仮性口臭症で心身医学的に治療が必要になる場合が口臭恐怖症です。

口臭症の分類と治療について

 真性口臭症
● 生理的口臭・・説明及び口腔清掃指導(セルフケア支援)
● 病的口臭・・(口腔由来の病的口臭) 説明及び口腔清掃指導(セルフケア支援)専門的口腔清掃(PMTC)歯科疾患の治療(歯周治療など)
(全身由来の病的口臭) 説明及び口腔清掃指導(セルフケア支援)、医科での治療

 仮性口臭症
説明及び口腔清掃指導(セルフケア支援) カウンセリング(検査結果の提示と説明)(専門的)指導・教育

口臭恐怖症       
説明及び口腔清掃指導(セルフケア支援) 精神科、心療内科での治療