歯髄炎
2010. 4.30
歯髄炎とは、神経と血管が通っている歯の中心部の歯髄に起こる炎症で、痛みを伴います。歯髄炎の最も多い原因はむし歯で、次に多い原因が外傷です。炎症が軽い場合は、治まれば歯に恒久的なダメージを与えることはありませんが、重症の炎症では歯髄が壊死します。

症状
歯髄炎は、歯に激痛を引き起こします。歯髄の健康状態を推測するために歯に熱い刺激や冷たい刺激などを加えて、反応をチェックするテストが行われます。このとき、刺激を中断しても痛み続けたり、あるいは自然に痛みだす場合は、歯髄はすでに手遅れ状態になっているおそれがあります。さらに電気歯髄診断器による、歯髄の生死判定が行われます。このテストの結果、歯に流された少量の電流によって痛みを感じれば、歯髄はまだ生きていると判定されます。しかし歯の上を軽くたたかれたときに痛み(打痛)がある場合、多くは炎症が周辺組織にまで広がっています。

治療
早期に発見できれば、歯髄炎が起きている歯に鎮静薬を含む物質(仮封材)を一時的に詰めて(暫間充てん)、痛みを鎮めることができます。この仮の詰めもの(暫間充てん材)は、6〜8週間歯に詰めたままにしておいてから取り出され、代わりに最終的な充てん材が詰められますが、即時に詰めることもよくあります。
歯髄の損傷が大きく回復不可能な場合は、痛みを止める最後の手段として、根管治療または抜歯によって歯髄が抜き取られます。