1回法と2回法
2004. 4.20
インプラントの多くは、歯槽骨や顎骨内に埋入して周囲骨に強固に結合させた後、このインプラントに支台(アバットメント)を結合させ上部構造物(補綴物)を装着する様式をとっています。この形式のインプラントを2ピース型インプラントといいます。
一方、インプラントとアバットメントとが一体構造になっている形式のインプラントを1ピース型インプラントといいいます。
 1回法や2回法とは、インプラントの骨内埋入手術と、歯肉を切開してアバットメントをインプラントに連結するために行う外科手術の回数を意味しています。

〔1回法インプラント(one stage implant, one surgery implant)〕
1ピース型インプラントの植立を行うことであり、植立のために行う外科手術は1回のみになります。インプラント体のヘッド部は植立と同時に口腔内に露出します。インプラントと骨との強固な結合には、1.5ヶ月〜6ヶ月かかりますが、補綴物はインプラントの骨結合後に作製します。

〔2回法インプラント(two stage implant, two surgery implant)〕
2ピース型インプラントを行うことであり、外科手術は2回おこなわれます。1回目の手術はインプラントを骨内に埋入させるためで、その際インプラントを粘膜で完全に被覆させます。2回目の手術は骨との強固な結合が完成する数ヵ月後に、インプラント直上の粘膜を少し開けて行われ、骨内に入っているインプラントに土台(インプラントのヘッド)を連結させることでインプラントが歯肉上に頭を出すことになります。その後歯肉の治癒を待って型取りをし、インプラントの補綴物(冠)を作製します。