ロケーターアタッチメント義歯の経年変化について
2015. 9.28
ロケーターはその長所としてインプラント間の角度に多少平行性がなくても着脱を許容する数種類のリテンションディスクが用意されています。ただインプラント間の角度が増加するほどディスクの摩耗が起こりやすく維持力の低下がおこります。               ブルーの所がリテンションディスク       また最初から維持力が強すぎると高齢の患者さんや不自由な患者さんは着脱時に苦労され強引に装着しようとしたり、途中までしか入ってないのにそのまま使用したりしてると簡単にリテンションディスクは変形してしまいます。変形すると義歯の復位は困難になって義歯不適合になり、食片の侵入や義歯破損の原因になります。よって摩耗による維持力の低下や変形が起こってきたらリテンションディスクの交換の時期になります。