生体情報モニター
2017. 2.27
          生体情報モニター

  生体情報モニターは血圧・脈・動脈血酸素飽和度などを測定する器械です。局所麻酔などを使用した観血処置(抜歯や切開など)を行う際には必ず使用します。 
 
導入により
   ○患者さんの全身状態の把握ができる
   ○麻酔を使用した処置における安全性の向上
   ○合併症の予防   
                など様々なメリットがあります。
  測定する項目
   ☆血圧‥治療中の局所麻酔の効き具合を把握することができる
   ☆脈拍‥術中だけでなく術前から測定することで緊張の程度がわかる
   ☆動脈血酸素飽和度‥歯科手術は酸素が通る呼吸路の手術であり閉塞により低酸素症が起こりやすい。診断することが可能。