アタッチメント義歯について  1・クラウンアタッチメント義歯
2004. 9. 1
アタッチメント義歯について
一般的な保険のプラスチック製義歯のほかに、保険外で作製する義歯として当院では薄くて強度・精度に優れる金属床部分義歯をはじめとして下記のように、いろいろな維持装置をとりつけることによって義歯の安定性や審美性、異物感などを改善するアタッチメント義歯の作製を行っています。





クラウンアタッチメント義歯
通常、歯が残っているときは、義歯は残っている歯にクラスプという金属バネをつけてがたつきを防止します。しかしこのバネの部分がどうしても異物感が取れなかったり人目につき審美性もあまりよくありません。そこで欠損部(歯のない部分)の近くの残存歯に冠(クラウン)や陶材冠などをかぶせ、そこに義歯を連結させます。
このアタッチメント義歯は安定性がよくぐらつきによる噛み辛さが解消され、またバネやバーを使用しないので審美性にも優れ、異物感も少なく装着感も良好ですが、冠をかぶせる歯の状態や設計が重要になります。