高齢者の口腔内の特徴
2014. 9.30
高齢者の口腔内の特徴は、歯がないところがあり入れ歯を使用している方が多いことや
かぶせ物などの治療してある歯が多い。
歯ぐきが下がることで、歯の付け根部分の虫歯が増えやすくなります。
唾液の量が減り、歯の表面や歯の間、舌などに付着した汚れや細菌を取り除き自分で清潔に保とうとする力(自浄作用)が低下してくる。
運動障害や麻痺があると口腔機能が十分でなくさらに自浄作用が低下します。
口腔機能の低下や唾液の量が減ることで自浄作用が低下し食べ物が口の中に残りやすくなり細菌が増殖して虫歯や粘膜疾患が増える傾向があります
何らかの病気を持っていてお薬を飲まれている方も多く、お薬の副作用で唾液の量が減り口腔内が乾燥しやすくなることがあります。
口腔内が乾燥しやすい状態になっていると、噛んだり飲み込むことがしにくくなったり、入れ歯があたって痛くなり使用できなくなったりすることがあります。

口腔内の疾患の原因となる細菌を増殖させないために、口腔清掃が大切です。
口腔機能をなるだけ低下させないためのお口の体操や、唾液の量を増やすため唾液線に刺激を与えるマッサージなども自浄作用を高めるのに効果的です。
若いうちから口腔内の清潔を維持し歯をなくさないことや、虫歯をつくらないよう予防することも大切です。

また歯科医院で定期的な健診や口腔内の清掃・メンテナンスを受けましょう。