スポーツマウスガードの必要性について
2012. 3.30
 スポーツ用マウスガードの主な有効性は、歯や顎の外傷予防・脳震とうの防止・軽減ですが、他にも様々な特徴があります。

 1 口腔内の外傷を予防
 2 顎の関節を保護
 3 筋力・運動能力がアップ
 4 歯の摩耗の防止
 5 脳への衝撃の緩和
 6 咬合を安定させることによりバランス感覚がよくなる



 スポーツ用マウスガードは製作方法によって大きく2つにわかれます。市販品とオーダーメイドの二種類がありますが、歯科ではオーダーメイドを取り扱っているのでこちらの紹介をします。

 マウスピース装着時の競技遂行上の阻害要因であった「しゃべりにくさ」が市販品と比較すると大きく改善されており、オーダーメイド品の特徴として色を任意に配色できる点があり全単一色のものから数色使用したカラフルなものまで様々であり、デザイン性がかつてより向上していることも特徴です。


 マウスガードの装着の使用状況
義務化されているスポーツ
 ボクシング・アメリカンフットボール

一部義務化されているスポーツ
 ラグビー・ラクロス・サッカー・バスケットボール・水球・ハンドボール・フィールドホッケー・アイスホッケー・空手・レスリング・柔道・相撲



 ※スポーツの規定により、使用できない色調もあります