デンチャーバイオフィルム
2013. 1.30
義歯にもプラーク、色素、歯石が蓄積されます。蓄積されたバイオフィルムを適切に洗浄できないと、局所的な義歯性口内炎、さらにはより深刻な全身疾患を引き起こすことがあります。

デンチャープラークは、口腔細菌、真菌、その他の有機体の複合体で1mg中に30種類以上からなる10の11乗以上の微生物を含むとされています。また、バイオフィルムは粗い義歯表面により蓄積されやすく、義歯床の表面粗さが増加するほど菌の付着が多くなるとの報告もあります。
義歯にもプラーク、歯石が付着することと、その為害性を認識し、適切な洗浄をおこなうことが重要です。