歯周病の分類
2006.12.30
歯周病の分類
☆ 歯肉炎☆
1)単純性歯肉炎:プラーク(歯垢)により歯肉に炎症が生じたもの。
2) 複雑性歯肉炎: 全身性あるいは局所の特殊因子が修飾しているもの。
  妊娠性歯肉炎
  ニフェジピン性歯肉炎
  フェニトインまたはダイランチン性歯肉炎
  急速壊死性潰瘍性歯肉炎
  慢性剥離性歯肉炎など
3)歯肉外傷:物理的な力(歯ブラシや硬い食べ物)、薬物、高温、などが原因で歯肉が損傷したもの。
☆歯周炎☆
1)慢性性歯周炎:プラーク(歯垢)により歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)の
破壊が生じたもの。
          限局型
          広範型
2)急速性歯周炎:プラーク(歯垢)の他に特殊な局所因子(組織破壊力の強い菌や
ブラキシズムなど)及び、全身性因子(白血球の機能低下など)に
強く修飾されており、急速に進行する重度の歯周炎。
           侵襲性歯周炎・限局型
                   ・広範型



3)全身疾患の症状としての歯周炎:血液疾患関連、遺伝性疾患                 関連、パピヨン・ルフェーブル症候群、周期性好中球減少症、ダウン症候群、前思春期性歯周炎など。
5)壊死性歯周疾患:壊死性潰瘍性歯肉炎、壊死性潰瘍性歯周炎
6)歯周組織膿瘍:歯肉膿瘍、歯槽膿瘍
7)歯内病変と関連した歯周炎:歯周・歯内複合病変
8)発生学的または後天的な形態異常と状態