メタボリックシンドロームと歯周病  
2008. 8.31
メタボリックシンドロームは、最近注目されてきた疾患です。特徴は、肥満、高脂血症、高血圧、インスリン抵抗性を合併しているということです。
4つを併せ持つ状態を死の四重奏、シンドロームXと呼ぶ場合もあります。

肥満と歯周病の関連について、20歳から59歳の成人においてBMIが高いほど歯周病の有病率が増加というデータがあります。



体に脂肪が溜まりすぎると、さまざまなサイトカイン(炎症に関わる毒素)が分泌されて動脈硬化を促すというのが、メタボの主要なメカニズムです。この脂肪細胞から出てくるサイトカインと同じ物質が歯周病でも出てくるため、歯周病がメタボ関連の病気であると考えられています。



対策としては・・・
よく噛んで食べましょう。早食いの人に肥満が多いという報告があります。
ゆっくりよく噛んで肥満解消につなげましょう。
歯周病治療で口の中を清潔に保ちましょう。