歯間ブラシ・デンタルフロスの使用法
2008. 5.31
歯を失うもっとも大きな原因は、歯周病です。若いうちから歯周病の予防が大切です。
歯と歯ぐきが健康でないと、体の老化を早め、生活習慣病のリスクを高めることもわかってきました。今回は、歯と歯の間をみていきます。

図1....................................................................................... 図2

図1を歯と歯の間からみてみると図2のような歯ぐきの形態をしています。矢印のところが、プラークが停滞しやすくなっています。

図3....................................................................................... 図4


デンタルフロスは、細いナイロンの糸をあわせたものです。隙間の両側を上下にこするように清掃します。図3のように清掃している側面によく添わせることが大切です。歯間ブラシでよく挿入角度をまちがって歯ぐきに傷をつくる方がいます。奥歯は、L型を使用しましょう。