白衣高血圧症
2009. 9.14
歯科医院において、抜歯や虫歯の治療、歯周病の治療を行う時、麻酔を使用することがあります。当医院は麻酔を使用する際、血圧と血中酸素の飽和濃度を測定し、正常な場合は治療を行います。あまりにも血圧が高い場合は治療を延期して、内科の受診をおすすめしています。
血圧測定時、自宅で血圧を測ると正常なのに、病院で測定すると血圧が高くなられる方がいらっしゃいます。
白衣を見ると、病院に来ると、血圧が上がるそうです。そのような方は、白衣高血圧症が考えられます。
自立神経に異常がある場合や、精神的に緊張しやすい人に見受けられるようです。
普段高くなければ大丈夫と思われがちですが、白衣高血圧症のなかには、将来本当の高血圧になってしまう人もいるようです。

○白衣高血圧症の対処方法○
血圧の自己測定を毎日行い、血圧の変動を自分で把握する。
定期的な運動、減塩の食生活、日常において高血圧を招く要素を少なくする。
イライラや興奮状態になることを抑えるために、自分にあったリラックス法を見つける。

麻酔をすると、いくらか血圧が上昇することがあります。歯科治療を安全に受けていただくためにも、血圧が気になられる方は普段から血圧測定を行ってもらい、麻酔を使用しての治療の際、体調などが良くない時はスタッフにその旨をお伝え下さい。