薬に対するアレルギー
2010. 1.31
薬へのアレルギー(過敏症)反応は他のタイプの有害反応とは異なり、アレルギー反応の数と重症度は、服用した薬の量とは通常相関関係はありません。薬アレルギーの人は、たとえ少量の薬でもアレルギー反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、軽微で単にイライラするだけのものから、重症で生命にかかわるものまであります。たとえば、皮膚の発疹やかゆみ、発熱、気道の狭窄と喘鳴、喉頭や声門などの組織のむくみ(呼吸を妨げる)、血圧の低下(ときに危険な状態に至る)などがあります。アスピリンまたは非ステロイド性抗炎症薬にアレルギーを示す人は、重症の反応を起こすことがあるので、いかなる非ステロイド性抗炎症薬も使用してはいけません。

薬アレルギーが予想できないのは、以前に1回または複数回、薬に触れても(薬の投与が皮膚か内服か注射かにかかわらず)反応を示さなかった人が、アレルギーを起こすことがあるからです。軽度のアレルギー反応は抗ヒスタミン薬で治療できますが、重症もしくは生命にかかわるアレルギー反応は、アドレナリンとも呼ばれるエピネフリンか、ヒドロコルチゾンのようなコルチコステロイド薬の注射が必要となります。