セカンドオピニオン
2010. 3.28
セカンドオピニオンとは、より良い決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第3者に求めた意見、または意見を求める行為のことを言います。 
だれでもかかりつけのお医者さんで、満足のいく治療をずっと受けられればいいのですが、現実には治療のやり方に悩むということが出てくるかもしれません。  
今かかっているドクターになんとなく後ろめたいという気持ちがして、治療中に他の病院を受診しにくいところがあるかもしれませんが、この頃ではドクター自ら患者さんに、セカンドオピニオンを聞くように勧める場合もあります。
治療を受けるのは、患者さん自身です。ドクターも患者さんにベストな治療方法を提示していますが、安心して納得できる治療を受けるためにも、悩まれている方はセカンドオピニオンを受けられてみてはいかがでしょうか。