スマイルラインについて
2010. 6.30
前歯部における義歯や歯冠修復をする場合、私達が特に参考にするのが、スマイルラインと呼んでいるもので、上の歯の先端が連なるラインと下唇のラインが一致しているものをそう呼んでいます。両ラインの一致が最も魅力的なスマイルをもたらすと言われています。笑顔の美しい人は印象がよく、相手に対して決して嫌なイメージを与えません。
ですが、人は年齢を積み重ねると、皺が増え、皮膚がたるみ、重力によって皮膚が下がってきます。口の周りにも、同じ現象が起こっていて、上の唇は長くなり、下に下がってきたり、下の唇も同様に下がってきます。ということは、上の前歯が年齢とともに見えづらくなり、下の歯が年齢とともにみえるようになってくるということです。
若いうちは、上の前歯が見え、魅力的なスマイルができますが、年齢とともに難しくなってくることがわかります。そこで、日頃から、お口周りの筋肉(口輪筋、頬筋など)をよく鍛えることや、よく笑って表情豊かな顔を心掛けることで、きっと素敵なスマイルを手に入れることが出来ると思います。