かぶせものがとれてしまったら?
2010. 7.25
キャラメルやガム、お餅など粘着性のある食べ物を食べたり、フロス、歯間ブラシをした時に、金属や白いかぶせものがとれてしまったら、なるべく早く歯科医院を受診し、受診の際は、とれたかぶせものを持参してみて下さい。
かぶせものがとれてしまうのは、かぶせものをした歯の中に虫歯が出来てしまった場合と、セメントの接着力が弱くなりとれた場合が考えられます。
虫歯ができてとれていれば、虫歯の部分を取り除き、歯の色と同じ詰め物をしたり、範囲が大きければ、型取りをして新しいかぶせものを作りなおす必要があります。
虫歯でなく取れた場合は、状態が良ければ、また装着することが出来ます。
かぶせものがとれたら、飲み込まないように気を付け、取れた歯の側で物を噛まないようにし、なるべく早く歯科医院を受診するようにしましょう。