食片圧入の原因とその影響について
2016. 2.29
 食物が歯と歯の間にはさまった状態をいいます。この食片圧入というのは、歯のためにも、歯肉のためにも、歯をささえている骨のためにも決してよくありません。そのままにしておくと、歯に横からの余計な力が加わり、歯間が広がる原因になったり、歯肉が必要以上に圧迫されてキズがついてしまったり、細菌が繁殖して虫歯を作ってしまったり、その細菌が歯肉の炎症を引き起こさせるため、歯周病を助長しその部分の骨がなくなってしまったりすることにもなります。
 ですから、そのような症状をお持ちの方は出来るだけ早いうちに処置をしてもらって頂きたいと思います。ちなみに、この食片圧入にはいくつかの原因が考えられるのですが、主だったものを以下に記載しておくことにいたします。

 1)上下の噛み合わせに原因がある場合
 2)歯周病により、歯に動揺が出ている場合
 3)歯どうしの隣接面に、虫歯ができている場合
 4)補綴物(かぶせたり詰めたりしてあるもの)の形態に、問題のある場合
 5)歯と歯の間の接触がゆるい、または隙間がある場合

 これらに対する処置方法としては、ケースによって、ほんの少しの噛み合わせの調整ですむ場合から、クラウン(冠)などを作り直さなければならない場合までさまざまですので、歯科医師からの説明をよくお聞き頂きたいと思います。