インプラントを行なったらMRI撮影は可能?
2015.11.30
インプラントを行なったらMRI 撮影できますかとの問い合わせをうけることがあります.

MRIを撮影するとき金属製品を身につけたまま検査を行うと、装置にくっついたり、金属により画像が歪んだり、金属自身が熱をもち、やけどをする恐れがありますので、基本的には金属製品を持って入ることができません。
チタン製のインプラントは、磁石を近づけると弱く磁化される物質である常磁性体で、装置にひきつけられることに関しては問題ありません。
また電磁波による温度上昇も0.4度以下で、発熱についても実験で証明され問題ないことが解かりました。
MRIの検査をすることは可能です。


インプラント上に取り外しの義歯を入れている方は、通常の義歯と同じように外してください。